それがいいことばかりとは限らなくて

夫と結婚して約5年がたっているが、今から思えば何も変わっていないと気が付きます。それがいいことばかりとは限らなくて。。。
例えば自分の好きなお菓子を自分だけのために買ってきて、一人で楽しむ。子供の分も何か買ってきて一緒に楽しめばいいのに、なぜか一人で楽しんでいます。これは結婚前もそうで、私の分は買ってこないで一人で食べてることはよくありました。ただ、子供がいてもそうなんだということは結婚してみて、子供ができてからでないとわからなかった。
こういうなんか独り占めみたいなところが本当に嫌ですし、一人の大人の男性として全く理解できません。
他には、私が家事であれやこれやと動いているときにも自分はソファーに寝転がってテレビを見ているのもイラっと来ます。
しかもその内容が私からすれば、全く面白くないんです。というか、本人もそんなに面白くなさそうなのにダラダラと時間ばかり過ぎているような見方。私は彼に対して尊敬できるところがあれば良いと思うのですが、日々こんな調子でやられるとどんどん彼に対して尊敬の念が無くなってきます。
でも結局こんな人と結婚してしまった自分が一番おろかというか、こういう気持ちを抱き続けてもなお一緒に暮らしている自分が一番バカだなと正直思っています。
他の方を見ると結婚して明らかに幸せになってるよなあ、と思える友人を見ると少しうらやましいです。その旦那さんがうらやましいというより、幸せになれる人を選ぶことができたというところに嫉妬してしまいます。
こんなはずじゃなかったのになあという思いは結婚してすぐに抱きました。何度も何度も自分自身で反省し新たな気持ちで向き合っているのも事実なのですが、なかなか報われません。辛い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です